性交死の死亡者は計り知れない

性交死とは一体なんなのか

性交死というのは、簡単に言えば性行為をしている時に死んでしまうことを意味します。

基本的に男性の方が多いと言われていますが、女性の場合も性交死してしまうことはあります。

 

性交死に関しては、死亡者全体のうち1%未満に過ぎないのですが、逆に言えば1%程度は性交死で亡くなっている人もいるわけです。

日本は海外に比べると少ない傾向にありますが、それでも毎年性交死で死亡している人は報告されているのです。

性交死の主な要因としては、半数以上は心筋梗塞や脳梗塞となっています。

性行為というのは、激しい運動にも匹敵するぐらいの体力を要するので、特に中年代以上の人は要注意だと言えるのです。

大半は性行為中でなく、性行為をしてから数時間後ぐらいに発症することが多いです。

他には、くも膜下出血であったり、脳出血などが要因となります。

こちらは、性行為を行っている時に発症しやすいと言えます。

性行為をすることで、もちろん肉体的な負担は大きくなるのですが、それに加えて性行為による興奮と刺激によって、精神状況も高まってしまうのです。

それが肉体的負担と重なってしまい、想像以上の負担が襲いかかってくることになるのです。

若いうちは、それでも十分耐えることができたのですが、年を重ねることでそれに耐え切れなくなってしまう人も多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です