勃起不全になる理由は、いくつかあります。

老化、喫煙、心臓血管の病気、糖尿病、高いコレステロール、うつ病などが、勃起不全になる主な原因と言われています。

当然ながら、年齢を重ねると、体のあちこちが弱くなったり、悪くなったりします。

必然的に、年齢が上がると、勃起不全になりやすくなります。

ある研究結果によると、糖尿病の男性は、普通の男性に比べて、勃起不全の症状が出るのが、10年から15年早くなっています。

50歳から60歳の糖尿病を患う男性の55パーセントが、勃起不全という調査結果が出ています。

高血圧も、勃起不全の原因の一つと考えられていて、血液の循環がうまくいかないことから、勃起不全になってしまうのではないかと言われています。

心臓血管の病気も同じ理由で、勃起不全の原因になっているようです。

ストレス、強い不安感や罪悪感、心的外傷後ストレス障害、自分に自信がないなどの精神面からくる勃起不全もあります。

勃起不全は、そんなに特別なことではなく、大くの人が経験しています。

若い男性には、珍しい症状ですが、45歳になるまでには、大体ほとんどの男性が、一度や二度の勃起不全を経験しています。

50歳から54歳の男性の20パーセントが勃起不全であり、70歳から78歳の男性の50パーセントが勃起不全で悩んでいます。

EDも(勃起不全)の悩みは、「肝心な時に勃起しなかったらどうしよう」という不安です。

また「性欲旺盛なのに勃起しない」という場合には苛立ち、自信喪失になっていしまいます。

勃起不全の原因には、精神的なものと物理的なものが有ります。

更に、両方が混在している場合もあります。

精神的な原因とは、夫婦間の愛情がおかしくなっていたり、子供を作らなければならないというプレッシャー、仕事の過度のストレスなどです。

物理的な原因とは、男性ホルモンの低下、心臓や血管の病気、老化などがあります。

また、精神的な原因と物理的な原因が重なって勃起不全になっていることもあります。

ただ、どのタイプが原因だとしても、決して諦める必要がないのも確かです。

何故なら、ED治療楽の進歩によって、治せる時代だからです。

精神的な原因の治療としては、それに適した種類のED治療薬に加えて精神安定剤を併用することで効果を増大させています。

物理的な原因の治療も、さまざまな研究や臨床試験を経て効果と安全性は確認されているのです。

あるクリニックでは、20歳から89歳までの方にED治療薬を処方したそうです。

自分が若いから恥ずかしいとか、逆に老人だから無理だろうとかの心配はせずに、気軽に専門医に相談すると良い結果が得られます。